ホーム / プロジェクトポートフォリオ管理 / ポートフォリオ管理:開始するのや止めて、仕上げを開始しよう

ポートフォリオ管理:開始するのや止めて、仕上げを開始しよう

平均して、あまりにも多くのITプロジェクトがあまりにも少数の人に与えられていることが知られている。パヴェル・ブロズィンスキー (Pawel Brodzinski) 氏は、プロジェクトがそれらを価値あるものにするために必要な専心なしで実行されていることを意味する、と見なしている。

数千ものアジャイルチームのインプットによると、5名~9名から構成されるプロジェクトチームのサイズが典型的に理想だと考えられる。そして、一度に一つのプロジェクトに集中すべきである。しかし、この理想は、他のプロジェクトを放棄することが不可能である場合は特に、実行することが難しいことがある。ブロズィンスキー氏は、新しいプロジェクトが発生するたびに、WIP (仕掛品) 制限の設定をかけるように提案している。それが他のプロジェクトの完了にどれほど悪影響を及ぼすかを厳しく議論する所以である。

WIP制限は、「開始するのを止めて、仕上げを開始しよう」のモットーと共鳴している。それはプロジェクトが運用上の能力について議論を必要とするゆえに、開始が困難であろうことを意味している。プロジェクトに適切な配属が不可能であれば、遅延にもかかわらず資金を供給するか、あるいは、運用中にあまりにも多くのリスクが伴う場合は、それはとにかく終了する可能性は低いと考えて、放棄するべきである。

これによって、ブロズィンスキー氏は、典型的な財政懸念を超えた、氏の信じるプロジェクト価値に関する疑問に目を向けている。冒頭では、顧客の失望によるコストがプロジェクトのキャンセルの利点を上回る場合、プロジェクトを開始するべきではない。

元の原稿 (英語) はこちらからどうぞ: http://brodzinski.com/2014/06/portfolio-management.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

ITの指導者はアライメント協調に苦労する

ITリーダー4人中3人はビジネス戦略に合わせる能力が制限されていると最近のクラウドベースのサービスのアンケートに答えた。 クロエ・グリーン氏が執筆するこの記事によれば、同リーダーの79%が「ITは技術的なものだけでなく、戦略的なものでもある」と主張するという。 ならば、この差はどこから来るのか。ITリーダーは協調的かつ戦略的でありたいと考えているが、殆どの者は現時点においてそのようなことは不可能だと感じている。回答者によると、レガシーシステム、インフラ、アプリケーションを支えられるかという局面

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time