ホーム / プロジェクト管理 / プロジェクト管理者がしてはいけないこと

プロジェクト管理者がしてはいけないこと

私たち全員は少なくとも1度は会ったことがあるでしょう。さもなければ、あなたのキャリアの間にいつか会うことでしょう。その人たちは自分を先にし、他の人を後にします。また誰も信用せず、脅迫が最高のモチベーション戦術だと思い込んでいます。彼らはナルシストの管理者であり、以前に遭遇したことがあれば、そんなやり方はせいぜい危険であることをご存知であることでしょう。キャリアにそれと同様の特性を真似たりしないようにするために、PM Hutのアマル•W. マンゴー (Ammar W. Mango) 氏は、プロジェクト管理者としてすべきではない事項のリストをまとめています。

そのリストの上位は、自分に同意しない人を解雇し、キスしたくなるような人を雇い、自分の過ちを認めないことが挙げられています。他の人の仕事をけなしたり、最も微妙な方法ですら、同僚や競合を攻撃したりしてはいけません。しかし、何かが失敗した場合は、自分もその責任を分担し、組織を改善するチャンスとして、新しいアイデアや建設的な批判を歓迎することをいとわないでください。最後に、真実、誠実、忠誠心、そして友情は、他の人を操作するための単なるツールではないことを心に留めておいてください。それはあなたにとって最も強力な資産の一部です。あなたが前者を避け、後者を心に留めていれば、管理者として成功するに違いありません。最も強力なPMとは、自分の権威や地位が不人気のせいする、隅にいる男ではないのです。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *