ホーム / プロジェクト管理 / プロジェクトの見積りに惚れ込んでも大丈夫!

プロジェクトの見積りに惚れ込んでも大丈夫!

直面しよう。誰もが見積りを好むわけではないが、それは野菜のように我々にとって良いものだ!テリー・ボニオ氏は、あなたが次のプロジェクトに頭から跳躍する前に見積りを行うことのメリットについて説明している。

見積もりは、可視化の一形態である。使用することは、実際に飛行機で飛ぶ前のフライトシュミレーターの段階のように、詳細に状況を通して考えるように強制する。しかしブニオ氏は見積りとは起こるべき事を必ずしも約束するものではないことを警告している。それはプロジェクトの詳細が明確になるように、時間をかけて更新され、洗練されるべき推測なのだ。チーム全体によって構築された場合の見積もりも、焦点を加えることでプロジェクトに付加価値となる有益な議論を生む。実用的に実現可能ではない機能性を追求し、予算を無駄にしないように、最小の有望製品(MVP)はできる限り推定したいものだ。この議論の中心にあるのは戦略的なトレードオフのアイデアである。確かに、それは推定せずにプロジェクトを開始するにはより都合がよい。しかし、このポイントは、顧客は唯一のプロジェクトに焦点を当てることはないということだ。顧客が自らのポートフォリオ全体の費用と利益の比較を助長するために、管理上の観点からは、見積もりを行うことには意味がある。特定のプロジェクトが現在の予測に基づいて、見込みがないようであれば、そのMVPを超えた任意の資金は他の場所に割り当てることができる。

元の投稿₍英語₎はこちらからどうぞ: http://www.pmhut.com/why-i-like-estimates

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

実施する価値のある議論

あなたは過ごした時間に報いてくれるほどの議論に関与していますか。それとも、それは無駄なおしゃべりとより生産的な仕事からあなたを引き離しているだけでしょうか。これは、この記事を書いたときに、ブロガー、シム・マローム (Shim Marom)の心にあったことでした。その投稿について注目すべきなのは、あなたが議論を綿密に調べるべきかどうかということよりも、マロームが取り扱っている以下を含む話題なのです。 PM (プロジェクト管理者) が、全プロジェクトの失敗の障害であるか否か 見積もりは推測と同じほ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *