ホーム / リスク管理 / プロジェクトの複雑さ:プロジェクトを台無しにする変数の監視

プロジェクトの複雑さ:プロジェクトを台無しにする変数の監視

プロジェクト管理にあまりにも頻繁に起こることは、一つの単純なモデルを選択し、すべてのプロジェクト管理に適用させることである。プロジェクト管理者がこんなアプローチを使用すると、すべてのプロセスにそれが完全で平等に使用されることになるので、すべてのプロジェクトの実装は即座に支障をきたし始めてしまう。モデルが単純過ぎるということは、判断力が無く、分析力も無く、ツール使用のずれ弾性率も無いということになる。

モデル 対 現実

理論的には、すべてのツールとプロセスは適切であるので、それらを使用することは合理的な選択となるはずである。また、それはプロジェクトをビジネスの方法論に完全に準拠させるはずだ。ところが残念ながら、そんな盲目的な実装では、プロジェクトに適応する柔軟性は欠けてしまう。

我々は、プロジェクト管理の美しさは、異なる分野で、異なるコンテキストにおいて、異なる大きさのプロジェクトのために使用され得ることにあるのを知っている。それは、大規模な建設プロジェクトや、ソフトウェアデザインプロジェクト、技術革新的なプロジェクト、あるいは非常に小さなチームによる研究調査でもありうる。このように、プロジェクト管理理論は、プロジェクトの非常に広い範囲に有用であるように明確に設計されている。

しかし、それぞれのプロジェクトにはユニークで独自の要件が独自のコンテキストに内在している。プロジェクトの成否は、そのコンテキストの現実内で起こる。我々のプロジェクト計画とアプローチを現実に合わせて設計することは重要だ。

すべてのプロジェクトが同じプロファイルを持っているわけではない。すべてのプロセスを盲目的に適用することは、プロジェクトのあらゆるコンポーネントが複雑だと仮定していることになる。

プロジェクトの複雑さの評価

戦略的なプロジェクトリーダーとして、扱っているプロジェクトの複雑さを理解することは不可欠だ。それによって、適切なプロジェクト計画の開発に役立ち、プロジェクトチームを作成し、監視と進行を制御するアプローチを最適化することができる。

非常に類似したプロジェクトを幸運にも実行することもできる。それでも、まだ2つのプロジェクトがまったく同じであることは、非常に稀であることを注意しておこうと思う。各プロジェクトの複雑さのプロファイルは異なっている可能性がある。仮定する罠に陥らないことは重要だ。それなら、プロジェクトを評価して複雑さのプロファイルを確立する方がはるかに優れている。少なくとも、戦略的な選択肢は意図的なものであって、仮定に基づいてはいないのだ。

複雑さの要素

私は計画段階で、プロジェクトの複雑さのプロファイルを開発するのが好きだ。それは、そのプロジェクトの必要に合わせて、適切なツールや技術を選択するようにプロジェクトチームを導いてくれるからだ。また、特別な注意が必要な中枢要素を識別してくれる。これらの要素を意図的かつ積極的に対処することによって、我々の行動はより戦略的になり、顧客、スポンサー、そして様々な利害関係者にとって価値が増加されることになる。

ここに各プロジェクトにおいて考慮すべき複雑さの要素のいくつかを挙げておく。それらを監視すれば、プロジェクトのライフサイクル全体を通じて、あなたやあなたのチームを導く複雑プロファイルが作成される。

  • 法的環境
  • 市場における競争の激しさ
  • 革新レベル
  • プロジェクトチームの規模
  • 主題の専門家を含め、全体としてのプロジェクトチームが必要とする能力
  • 調達活動
  • プロジェクトの期間
  • プロジェクトの一意性
  • 財務分析と要件
  • 利害関係者の数や多様性

結論

我々のプロジェクトの複雑さのレベルを理解することは、戦略的になってプロジェクトのニーズに合わせて最適化された計画を設計するには重要なステップである。プロジェクト管理の方法論は、我々のツールボックスである。他のどんなツールボックス同様に、それを考えないで使用すべきではない。

プロジェクトの複雑さに焦点を当てるのはなぜか。複雑性の高い要素は、多くの場合、特別な注意を必要とするからだ。プロジェクト要件の定義には、これらの制約を考慮に入れる必要がある。

最終的に複雑さのプロファイルは、扱っている状況をより明確に示し、それに応じてカスタマイズされたソリューションを作成することを可能にすることになる。これはフリーサイズ的に迅速で簡単なプロセスではないかもしれないが、プロジェクトの成功には遥かに高い可能性を確約することになる。複雑さのプロファイルが、プロジェクト計画を作成し、プロジェクトに合うツールやプロセスの選択に役立つためだ。

約 Michel Dion

Michel Dion is a CPA and PMP, living in Ottawa, Canada with his wife and 2 kids. He also has a certification in Internal Audit (CIA), Risk Management (CRMA) and Fraud (CFE). Michel has managed in his career many projects, including special initiatives and emergency projects. He is developing a website called Project-Aria, and is very active in the project management community on the web. The key areas of focus of Project-Aria are project management, leadership, productivity, mind and health, and career and training. He has loved technology since the moment he played on the TRS80 a while ago. Despite that, his two sons insist that they know more about technology than him. Sometimes, he will comment on other subjects, as he likes fitness, travel, chess, photography, and music. He also has a goal of mastering four languages: English, French, Spanish and Swedish. Pay Michel a visit at Project-Aria by clicking the button below.

また、チェック

ITプロジェクトが失敗する3つの要因

ITプロジェクトに対するビジネス要件は、「永遠に続くものを作り上げる」から「変更できるように設計する」へと目的が変わり、その結果、状況が複雑化してしまい、プロジェクトが憂慮すべき頻度で失敗する事態が生じています。パール・チュー(Pearl Zhu)はブログの中で、プロジェクトの失敗は3つの根本原因に起因するとしています: スポンサーのエゴ ロスの忌避 確率の無視 スポンサーというものは往々にして、成功する可能性を犠牲にしてでもプロジェクトが失敗しないように舵取りをしようと試みるものです。その理由はただ単にリスクを避けるという単純なものであるかも知れませんし、或いは、スポンサーが個人的利益を得る目的でプロジェクトを操作しているためのものであるかも知れません。別のシナリオとしては、プロジェクトのスポンサーが全ての必要とされる変更に喜んで関与し、監督するけれども、それは最初のうちだけというような状況です。それは、時間が経過するにつれて、スポンサーのプロジェクトに対する興味がその意気込みと後押しと共に薄れてしまうというものです。 顧客のためにプロジェクトを成功させると言うことは、言うは易し行なうは難しです。成功するための適切な物差しなくしては、プロジェクトチームは暗闇の中で火を灯すようにもなります: 必要とする要件、プロジェクトマネジャー、悪しき規範等々全てを列挙することはできますが、結局のところ、次のような3つの要因が絡み合ってプロジェクトは失敗に終わります:専門知識の欠如、停滞した又は時代遅れのIT能力、そして会社全体にわたるコミュニケーション体制が機能していないことが挙げられます。 ITプロジェクトの30%が完全に失敗すると推定されています。またプロジェクトの70%までが顧客の期待に応えることができないとも言われています。プロジェクトのリスクを適切に分析することは、失敗を防止するための第一のステップであることは勿論のことです。結局のところ、信じられないことが実際に発生してしまうことは避け得ないものであると言えるでしょう。 原文(英語)を読むには: http://futureofcio.blogspot.com/2015/01/three-aspects-of-it-project-failures.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time