ホーム / プロジェクト管理 / プロジェクトの複雑さをナビゲートする方法

プロジェクトの複雑さをナビゲートする方法

手中に複雑なプロジェクトを持つとはどんな意味があるでしょうか。組織は「複雑さ」をそれぞれ異なる方法に定義して、さまざまな方法でそれに対処しようとしています。効果的なコミュニケーションに焦点を当て:しかし、あなたにとって複雑さが、複数の利害関係者、曖昧さ、または完全に別のものを意味していたとしても、プロジェクト管理協会のシンディ・ミラー(Cyndee Miller) 氏は、あなたにいくつかのアドバイスを提示しています。

あなたが苦労しているものは何であれ、関係者全員とのコミュニケーションが役立ちます。これが複数の利害関係者を意味するのであれば、(そうです、そのすべてです! )彼らと話してください。全員に1通の全体用のメッセージを送信するのではなく、それぞれの関心やニーズを持った利害関係者を、個人として扱ってください。この方法で、特にそれぞれの個人のための具体的なメリットを強調すれば、もっと多くのサポートを得られるはずです。

もう一つの貴重な資源は、契合したプロジェクトのスポンサーです。 PMIがプロジェクト・サバンナ川・核ソリューションの核廃棄物をクリーンアップしようとしたとき、PMIは米国エネルギー省( DoE)と提携しました。DoEはPMIが必要とした研究を援助しましたが、それだけではなくまた、米国政府に必要な情報を伝達したので、前倒しでプロジェクトを終了することができ、すばらしい結果となりました。

あなたの組織が複雑な問題で苦労しているなら、それに失望してはいけません。それを受け入れ、伝えてください。もしかしたら、それはあなたのプロジェクトの完了を成功させるために必要なことであるのかもしれません。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *