ホーム / プロジェクトポートフォリオ管理 / プロジェクトのポートフォリオを管理するための4つの秘訣

プロジェクトのポートフォリオを管理するための4つの秘訣

IT管​​理の他の側面ほど、より多くのバランスや、状況の変化に対するより多くの注意深さ、またはプロジェクトポートフォリオ管理に多くの隠されたリスクを伴うものはない。プロジェクトの成功率が現在64%で失速している場合の、プロジェクトポートフォリオをより良く管理するための4つの便利なヒントをジェン・スクラバック氏は提供している。

  1. 持続可能なプロジェクト/プログラムを選択する
  2. ポートフォリオの上限を知る
  3. ミスを認め、迅速に調整する
  4. 自らの平均値を測定する

組織の強みと弱みに合うプロジェクトの目標を選択する。計画の予定に当たっては、過度に楽観的にならず、現実的になること。また、企業の文化がサポートしていない場合は、熟考を重ねたプロジェクトですら依然として拒否されることがあることを心に留めておく。特に短期間におけるプロセス変更で数百人を含む大規模なプロジェクトを扱う場合は、変更管理を忘れてはいけない。

スクラバック氏はまた、「2015年にポートフォリオの投資収益率で1億米ドルを達成する」等の静的な目標を超えた、可能性の数字を伸ばすことを意味する、ポートフォリオの「上限」内で動作するように助言している。

ポートフォリオの上限は、予算、能力(スキルや知識)、容量または文化(既存のプロセス、変更に必要な組織的機敏性と食欲)によって定義できる。

基本的には「最高のリソース消費期間」を目指し、初期のランプを超えた上限を計画する。

但し、プロジェクトがうまくいかなかった場合はどうだろう。そんな場合はスポンサーにそれをキャンセルするように薦める備えがあるだろうか。プロジェクトの健全性を判断するためには、明確な財務パフォーマンス監視は重要だ。スクラバック氏は、プロジェクトのコースを修正せざるを得なくなるような大変化が急に発生し、敏捷性を要することも起こりうる、と警告している。

最後に、ポートフォリオとは当然のことながら、一つではなく数多のプロジェクトを意味する。時間をかけて、最も実値が作られている所を発見するために、大小のプロジェクトを検証すべきだろう。

元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: http://www.projectmanagement.com/blog/Voices-on-Project-Management/12945/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

サービス戦略およびサービスポートフォリオ

P.ロスS.ワイズ(P. Ross S. Wise)教授は、戦略から実行に至るまでのサービスポートフォリオのプロセスを非常にうまく分類している。ビジネス価値をボールに例えている。ボールをキャッチャーのミットに投げる前に、よく考え抜いた投球戦略とワインドアップが必要である。 サービスポートフォリオ管理の目標は、潜在的な投資家に目を向けるばかりでなく、見送らなければならないサービスにも目を向けながら、ビジネスを提供するための最適なサービスの組み合わせを決めることにある。サービスポートフォリオはまた、コンセプトから寿命の終わりに至るまでの人間、プロセス、技術、及び情報に関する歴史的記録の類として機能するものでもある。それは管理職が大きく変化するプロセスを可能にする戦略的意思決定のためのプラットフォームである。ポートフォリオの審査過程においては、一つの提案は、製品設計の段階に向かう前に、定義付けされ、分析され、承認され、そして許可されるものである。 サービスポートフォリオは、管理者が個々のプロジェクトにおいて自分たちへ投げ掛けられた価値を捕らえることができるようにするものである。しかし、プロジェクト管理とは違い、サービスとはスタートはあるが予見できる終わりがないゲームである。一つのサービスは、ビジネス目標と常に合致していること、および過大なリスクを引き起こすことがないことを確認するために、継続的にモニターされなければならない。 サービスポートフォリオ管理の価値は、ITとビジネスの目標を結び付ける、ITサービスのインパクトに関する貴重な識見を提供する、ITサービスだけではなくスタッフの生産性を向上させる、統合/増強/除去によりコストを軽減する、ITがビジネスの要求に見合うよう手助けする、そして、ブランドの確立を通して業界の世評を高めることができる等々の能力の観点から定義づけすることができる。 原文(英語)を読むにはhttp://www.itsmprofessor.net/2014/09/service-strategy-and-service-portfolio.htmlを参照下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *