ホーム / プロジェクトポートフォリオ管理 / プロジェクトのポートフォリオを管理するための4つの秘訣

プロジェクトのポートフォリオを管理するための4つの秘訣

IT管​​理の他の側面ほど、より多くのバランスや、状況の変化に対するより多くの注意深さ、またはプロジェクトポートフォリオ管理に多くの隠されたリスクを伴うものはない。プロジェクトの成功率が現在64%で失速している場合の、プロジェクトポートフォリオをより良く管理するための4つの便利なヒントをジェン・スクラバック氏は提供している。

  1. 持続可能なプロジェクト/プログラムを選択する
  2. ポートフォリオの上限を知る
  3. ミスを認め、迅速に調整する
  4. 自らの平均値を測定する

組織の強みと弱みに合うプロジェクトの目標を選択する。計画の予定に当たっては、過度に楽観的にならず、現実的になること。また、企業の文化がサポートしていない場合は、熟考を重ねたプロジェクトですら依然として拒否されることがあることを心に留めておく。特に短期間におけるプロセス変更で数百人を含む大規模なプロジェクトを扱う場合は、変更管理を忘れてはいけない。

スクラバック氏はまた、「2015年にポートフォリオの投資収益率で1億米ドルを達成する」等の静的な目標を超えた、可能性の数字を伸ばすことを意味する、ポートフォリオの「上限」内で動作するように助言している。

ポートフォリオの上限は、予算、能力(スキルや知識)、容量または文化(既存のプロセス、変更に必要な組織的機敏性と食欲)によって定義できる。

基本的には「最高のリソース消費期間」を目指し、初期のランプを超えた上限を計画する。

但し、プロジェクトがうまくいかなかった場合はどうだろう。そんな場合はスポンサーにそれをキャンセルするように薦める備えがあるだろうか。プロジェクトの健全性を判断するためには、明確な財務パフォーマンス監視は重要だ。スクラバック氏は、プロジェクトのコースを修正せざるを得なくなるような大変化が急に発生し、敏捷性を要することも起こりうる、と警告している。

最後に、ポートフォリオとは当然のことながら、一つではなく数多のプロジェクトを意味する。時間をかけて、最も実値が作られている所を発見するために、大小のプロジェクトを検証すべきだろう。

元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: http://www.projectmanagement.com/blog/Voices-on-Project-Management/12945/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

情報テクノロジー(IT)の価値をビジネスに当てはめる

テクノロジーがどのように採用され、支援され、そして支払いを受けるかについての予測を立てる上において、サービス・ポートフォリオは最高情報責任者(CIO)にとって有効な手段となるものである。マーク・ハリス(Mark Harris)は、優れたサービスを最小のコストで供給しようとする働きが如何にしてITをビジネスにより緊密に結びつけるかについての一般的な知見を披露している。 ITサービスに関するカタログは、ビジネスに対するITサービスのコスト対価値を示す上で最適である。このようなサービスが高コストで低い価値を提供するものであれば、特定のサービスに対して見直し、リモデリング、或いは中止が求められることになる。勿論、正式なサービス製品を作り出すには、データセンターを流れる電力や冷却などの非伝統的なコストを数量化したり、使用されるサービス要素のコストを原価償却することなどが求められる。 回復機能を持つデータセンターの冷却コストだけでも、総購入コストの半分にも匹敵するのである。そのため、サービスカタログには購入およびライセンスのコスト以上のものが反映されなければならない。ここに、データセンターインフラ管理(DCIM)の必要性が生じるのである。ハリスは以下のように説明している: 基本的には、総合的なDCIMが展開されている場合を除き、どのようなサービスでもその真の供給コストを正確に決定することは不可能である。DCIMは、生産される機器のライフサイクルを管理する上において極めて緻密な手段を提供するものである。DCIMは、初期プロビジョニングから最終廃棄に至るまでのデーターセンター内にある機器に関わるすべてのコストを管理するすることが可能になるソルーションを提供するものである。 IT価値をビジネス価値に結び付けるには、サービスカタログと頑強なDCIMとを組み合わせることが最良と思われる。 原文(英語)を読むにはhttp://www.governmentciomagazine.com/2014/09/exposing-it-value-businessを参照下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *