ホーム / プロジェクト管理 / プロジェクトに家を与えよう

プロジェクトに家を与えよう

プロジェクト管理室を建てることは、プロジェクトのための家を作るようなものだ。それは、たまり場空間だ。これは、コラボレーションのハブであり、想像力をワイルドなほど働かせよう。最も重要なのは、プロジェクト管理室は、チームの戦略と実績を向上させるための核であるが、プロジェクトホームには4つの明確な利点があり、プロジェクト管理上の声について、ケビン・コーテラドは説明している。

その4つの手段

  • 結束/コントロール
  • コラボレーション
  • 可視性
  • 生存率

管理室を持つことは、プロジェクトのさまざまな側面を一元化する。しかし、スケジュール、プロジェクトの状況、リスクリスト、成果物リスト、マイルストーンなどの要因を強調した部屋に、ある種の「マップ」があった方がよいかもしれない。用紙を節約するために、大型モニターやテレビ画面上にこれらのリストを表示することにより、潜水艦メタファーで実行する。優れた共同空間と同様に、その管理室には、電話、会議エリア、スピーカーフォン、(もちろん)コンピュータ、良い照明、快適な椅子、そしてより多くの電話とラップトップのプラグインのような家具、個室が必要になる。アイデアや対話の継続的な流れを提供するために、そこで人に会って対話し、頻繁にそこで会うことにしよう。

誰もがプロジェクト室の場所を知っていて、その目的を伝えよう。別のチームには指定時間にその部屋の別の部分を占有するようにしてもらい、定期的な会議に使用してもらおう。その内容の詳細は後でチェックし、確実に維持されるようにして、できる限り管理室として実行可能なことを確認する。標準的事務所の材料が不足しているなら、つまり、スペースが機能することは少なくなり、したがってより少なく使用することになる。しかし、メモ帳、マーカー同様に、軽食や飲み物も評価してもらえることを忘れないでいよう!どちらも、定期的にストックされるべきである。

元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://blogs.pmi.org/blog/voices_on_project_management/2014/09/give-your-project-a-home.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

モーレツ社員の結末は最悪のリーダー?

トップに上り詰めるためには、毎日を最大限に頑張って働かなければならないと思ってはいませんか?実は、どこかの時点で息抜きすることが大事なのですと、ハーバード・ビジネス・レビュー(Harvard Business Review)のロン・フリードマン(Ron Friedman)は勧めています。息抜きをすることによって、マネジャーやリーダーとしてのキャリアを生き残ることができるのです。それは以下のような理由からきています。 エグゼクティブ・コーチであるマーシャル・ゴールドスミス(Marshall Goldsmith)は自著の中で、自らのゴールに「取り憑かれる」ようになってしまうかのように常軌を逸した優れた業績を上げる人たちのメンタリティには賛成できないと述べています。それには、勝つことにこだわり過ぎたり、付加価値を付けることにこだわり過ぎたりする変わった考え方も関与していることもその中で述べています。問題は、成功することの価値ではなく、自分のキャリアの中で更に成功を収めるには息抜きすることが必要になる場合に、息抜きをすることができないことにあるのです。 結局のところ、身体的にも精神的にもストレス過剰となり、人と人との対人関係を処理する能力が欠けてしまうことにあります。専門能力において百戦錬磨のビジネス戦士が一旦は勝ち抜いたとしても、職位が上がるにつれて、今度は人との対人関係の手腕がものを言うようになってきます。フリードマンはそのことを次のように説明しています。 私たちは組織の中にあって職位が上であればあるほど、複雑な意思決定を迫られるようになります。研究の結果次のようなことが明らかになっています。不確実な状況の中をうまく舵取りしながらリスクに対応していかなければならない場合、私たちは疲れていると判断力が極端に落ちてしまいます。判断の選択肢が多くなればなるだけ、より多くのエネルギーを体内に蓄えておく必要があります。しかし、働き過ぎや働き過ぎから来る睡眠不足により問題点を明確に捉えることができなくなり、また創造的な問題解決策を見出すことができなくなってしまうのです。 原文(英語)を読むには: https://hbr.org/2014/12/working-too-hard-makes-leading-more-difficult

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time