ホーム / ベストプラクティス / ビジョンで実行を殺していませんか

ビジョンで実行を殺していませんか

executed優れたリーダーシップは、時には何をすべきではないのか、またいつしてはいけないかを学ぶことであることがあります。プロジェクトリーダーが簡単に間違えることがあるとすれば、それはビジョンがあまりにも壮大になり過ぎることです。全体像を見て、将来に期待を持つことは何も問題はありませんが、時には今の現状に集中するだけで十分なこともあるものです。パム・スタントン(Pam Stanton)氏は、プロジェクト管理者が意図せずにすることで、チームのメンバーを失望させる三大ポイントを挙げています。

  • 全く別の事柄でチームの気を逸らせないでください
  • 勢いを中断させないでください
  • チームが圧倒されるほどビジョンで負荷をかけないでください

スタントン氏は、プロジェクトのビジョンは巨大な象に似ていると語っています。自分のチームがその象を食べることを望むなら、それを部分に切り分ける必要があります。彼らがそれををのまま呑み込むことを期待してはいけません。時間を割いて、ご自分のビジョンを小さなサイズに切り分けないのなら、部屋の中の象に自分が押し潰されることになるかもしれません。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

組織内マネジメントを変えて計画を成功させる

組織が変わった時に、従業員の文化もともに変わるはずです。マイク・デポリス氏はITサービスマネジメントにおける、組織内マネジメントチェンジ(OCM)について、触れています。 トレーニング、マーケティング、コミュニケーション以外に、ITSMの導入は、組織内評価をもとに、変えるべき視点を見出しています。この評価によって、変化マネジャーは提案される変化の要素がヒトにどう見られているか、どの問題点が見逃されているか、どの点をすぐに直すべきか等が明瞭になります。また評価によっては、組織の全体的な発達ぶりが明らかになる事で、提案される変化の要素が本当に巧くいくかが分かります。 同氏は、どの変化案もビジネス文化を3つのグループに分けます。変化案に賛成する者、変化案に堂々と反対する者(両者ともに少数派)また3つ目のグループは、未決定者です。3つ目のグループを焦点にして、話を進むと、下記の戦略を用いることで障害を乗り越えることができます。 関係事項を話し合う。 メッセージを作り上げる。 優勝者を確認する。 ボトムアップを用いる。 コミュニケーション及びトレーニング 助けを求める。 最初に変わった頃に、多くの質問があり、メモることも多くなりますが、この変化は誰にとって、影響が及びますか。この変化によって、生活の課題はやさしくなるか、さらに複雑になりますか。変化マネジャーが関係事項を完全に心得た時が、チェンジ・ゴール(目標となる変化)を伝えるための箇所書きリストを書く時です。 同氏は優勝者と呼ぶ者も確認しています。優勝者は変化案を支持し、変化メッセージの内容を伝える意志があります。覚えておきたいのが、これはトップダウンとボトムアップの両方のやり方で、かなりの助け人に、特別に作成されたコミュニケーションとトレーニングの計画が必要となります。 記事の原文はこちらでご覧下さい(英語): http://www.theitsmreview.com/2014/11/organizational-change-management-ocr/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *