ホーム / ベストプラクティス / ビジョンで実行を殺していませんか

ビジョンで実行を殺していませんか

executed優れたリーダーシップは、時には何をすべきではないのか、またいつしてはいけないかを学ぶことであることがあります。プロジェクトリーダーが簡単に間違えることがあるとすれば、それはビジョンがあまりにも壮大になり過ぎることです。全体像を見て、将来に期待を持つことは何も問題はありませんが、時には今の現状に集中するだけで十分なこともあるものです。パム・スタントン(Pam Stanton)氏は、プロジェクト管理者が意図せずにすることで、チームのメンバーを失望させる三大ポイントを挙げています。

  • 全く別の事柄でチームの気を逸らせないでください
  • 勢いを中断させないでください
  • チームが圧倒されるほどビジョンで負荷をかけないでください

スタントン氏は、プロジェクトのビジョンは巨大な象に似ていると語っています。自分のチームがその象を食べることを望むなら、それを部分に切り分ける必要があります。彼らがそれををのまま呑み込むことを期待してはいけません。時間を割いて、ご自分のビジョンを小さなサイズに切り分けないのなら、部屋の中の象に自分が押し潰されることになるかもしれません。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

重要システム停止で最善を尽くす

誰もがその瞬間を知っています。画面が黒くなり、エラーメッセージがポップアップし、あなたが必死にマウスを横に振っても、何も動きません。重要システムの停止が、一般の従業員には迷惑だとすれば、 ITの専門化にとっては、実にパニックを誘発するほどです。それは不可避な問題ですが、重要システムの停止で生き残るためには、スコット•マットソン(Scott Matteson) 氏の10のヒントがあれば、準備は十分にできます。彼のヒントには以下が含まれています。 パニックしない すべてを文書化する その状況に関わ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *