ホーム / ベストプラクティス / ビジネスにおけるITの役割の変化

ビジネスにおけるITの役割の変化

ビジネスにおけるITの役割は何ですか。それは誰もが訪ねている質問のようです。HazyITSM.comのダン·ケイン氏は私たちに彼の答えを提供しています。

…ITは、テクノロジー投資顧問/プランナーでなければなりません。我々はビジネス目標を理解するために時間をかけ、ヘルプ管理はリスク許容度のレベルを決定します。それから、我々はこれらの目標を達成し、リスクを軽減する方法をアドバイスを提供しているのです。」

かつてITによって処理された特定のことで、今はビジネスリーダーが扱えることがあります。ケイン氏は、ITが持込デバイス(BYOD)またはアカウントエグゼクティブはEvernoteのを使用できるかどうかを気にせ終了することを示唆しています。 ITリスクを処理した場合、管理が残りを行うことができるはずです。問題は、ITは全体像のリスク評価は得意ですが、より詳細な部分に問題を抱えていることがあります。今のところ、それは、ITとビジネスの両方にとっては、まだ学習と成長の経験です。

元の全投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.hazyitsm.com/2013/06/what-is-its-role-in-business.html

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

組織内マネジメントを変えて計画を成功させる

組織が変わった時に、従業員の文化もともに変わるはずです。マイク・デポリス氏はITサービスマネジメントにおける、組織内マネジメントチェンジ(OCM)について、触れています。 トレーニング、マーケティング、コミュニケーション以外に、ITSMの導入は、組織内評価をもとに、変えるべき視点を見出しています。この評価によって、変化マネジャーは提案される変化の要素がヒトにどう見られているか、どの問題点が見逃されているか、どの点をすぐに直すべきか等が明瞭になります。また評価によっては、組織の全体的な発達ぶりが明らかになる事で、提案される変化の要素が本当に巧くいくかが分かります。 同氏は、どの変化案もビジネス文化を3つのグループに分けます。変化案に賛成する者、変化案に堂々と反対する者(両者ともに少数派)また3つ目のグループは、未決定者です。3つ目のグループを焦点にして、話を進むと、下記の戦略を用いることで障害を乗り越えることができます。 関係事項を話し合う。 メッセージを作り上げる。 優勝者を確認する。 ボトムアップを用いる。 コミュニケーション及びトレーニング 助けを求める。 最初に変わった頃に、多くの質問があり、メモることも多くなりますが、この変化は誰にとって、影響が及びますか。この変化によって、生活の課題はやさしくなるか、さらに複雑になりますか。変化マネジャーが関係事項を完全に心得た時が、チェンジ・ゴール(目標となる変化)を伝えるための箇所書きリストを書く時です。 同氏は優勝者と呼ぶ者も確認しています。優勝者は変化案を支持し、変化メッセージの内容を伝える意志があります。覚えておきたいのが、これはトップダウンとボトムアップの両方のやり方で、かなりの助け人に、特別に作成されたコミュニケーションとトレーニングの計画が必要となります。 記事の原文はこちらでご覧下さい(英語): http://www.theitsmreview.com/2014/11/organizational-change-management-ocr/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time