ホーム / CIO / ディジタルルネサンスマンの五つの特徴

ディジタルルネサンスマンの五つの特徴

ルネサンスマン又はルネサンス的教養人という用語は普段、レオナルド·ダ·ヴィンチまたはガリレオ・ ガ リレイのような天才にとって使われる言葉です。だが、チャールス・アラヨー著者は現代にいる私達は私達の中のダ・ヴィンチを尊重すべきだと考えます。著者曰く。

何世紀前のルネサンスマンに高い敬意を示す。。。とりわけ刻々と変化する今日の世界の中で広範囲に渡る知識経験を蓄積し、有意義な方法で応用できることは決して容易な事ではない。しかし理想に少しでも近づこうとする時代にさしかかっていると私は信じる。私達は皆、ルネサンス指導者になるべきだ。

ITプロフェッショナルがビジネス感覚を発展させようとする時に、慣れている技術が得意である技術者の役を変えるのが難しいことがあります。という理由でアラヨー氏はこれからのディジタル指導者に対して、同じ一つの要件に時間を掛けすぎないように注意しています。過去に深い特化が評価されたが、現代はその反対になっています。IT職業においても事業者においても、リーダーは科学、芸術、人間性、テクノロジーにそれぞれ対等に対応できる必要性がある。アラヨー氏は指導スタイルで五つのキーを挙げます。

  1. サービス
  2. 学習に対する熱意
  3. 好奇心
  4. つながり
  5. 感情的な意識

刻々と変わる今日の世界の中でテクノロジーを率いる者は巨匠を手引きにしなければなりません。広範囲にわたる多種多様な経験を経た、現代のITプロフェッショナルはそこから生まれた創造性で幾度でも難局やシナリオ等を乗り越えることができます。

下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.cioinsight.com/it-management/expert-voices/the-five-traits-of-the-digital-renaissance-man.html/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

MITスローンCIOシンポジウムの最大ポイント

スローンの最近のCIO(最高情報責任者)シンポジウムについては多くの議論があります。多くの優れた思いつきがプレゼンテーション中に提案されましたが、人々は未だに反芻していることでしょう。ジェフ・ベーム(Jeff Boehm) 氏は、そのショーで彼が聞いた最高の概念を幾つか組み立てて議論しています: 「IT がビジネスをサポートしているのではなく、それ自体がビジネスなのだ。」 結果(顧客の)に協調する。 デジタルによる混乱への恐れが失敗への恐れを追い越している。 この新しい機械時代を採用せよ! 自

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time