ホーム / CIO / ディジタルルネサンスマンの五つの特徴

ディジタルルネサンスマンの五つの特徴

ルネサンスマン又はルネサンス的教養人という用語は普段、レオナルド·ダ·ヴィンチまたはガリレオ・ ガ リレイのような天才にとって使われる言葉です。だが、チャールス・アラヨー著者は現代にいる私達は私達の中のダ・ヴィンチを尊重すべきだと考えます。著者曰く。

何世紀前のルネサンスマンに高い敬意を示す。。。とりわけ刻々と変化する今日の世界の中で広範囲に渡る知識経験を蓄積し、有意義な方法で応用できることは決して容易な事ではない。しかし理想に少しでも近づこうとする時代にさしかかっていると私は信じる。私達は皆、ルネサンス指導者になるべきだ。

ITプロフェッショナルがビジネス感覚を発展させようとする時に、慣れている技術が得意である技術者の役を変えるのが難しいことがあります。という理由でアラヨー氏はこれからのディジタル指導者に対して、同じ一つの要件に時間を掛けすぎないように注意しています。過去に深い特化が評価されたが、現代はその反対になっています。IT職業においても事業者においても、リーダーは科学、芸術、人間性、テクノロジーにそれぞれ対等に対応できる必要性がある。アラヨー氏は指導スタイルで五つのキーを挙げます。

  1. サービス
  2. 学習に対する熱意
  3. 好奇心
  4. つながり
  5. 感情的な意識

刻々と変わる今日の世界の中でテクノロジーを率いる者は巨匠を手引きにしなければなりません。広範囲にわたる多種多様な経験を経た、現代のITプロフェッショナルはそこから生まれた創造性で幾度でも難局やシナリオ等を乗り越えることができます。

下記のサイトで原文(英語)をお読みください。 http://www.cioinsight.com/it-management/expert-voices/the-five-traits-of-the-digital-renaissance-man.html/

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

職場のいじめは高価な流行病である

フォーブスは、驚いたことに96パーセントの従業員が過去に職場で何らかの形態のいじめを経験したことがあると報告している。シャロン・フィレンツェ氏はCIO.comの記事で高価につくその裏の意味について書いている。 96パーセントもの高い数値は、その現象には様々な程度があることを示唆しており、その物の見方は、我々がそれをどう定義するかが大きな役割を果たしている。職場のいじめ研究所(WBI)では、それを以下のように特徴付けている。 …虐待の繰り返し、脅威的、屈辱的、または威圧的な虐待的行為、作業妨害行為や暴言の繰り返し。 いじめる側と被害者の間の効果的誘因は、多くの場合、権力か黙らせることの一つである。いじめる人がある人の上司(いじめの56%に相当)である場合、この圧力はさらに大きくなる。上司に対し立ち向かうには勇気が要る。職を失ったり、さらに悪いことには、虐待している上司が報告されても普通の仕事関係が回復されず何ら措置が取られなかった場合、いじめがエスカレートする可能性が常にある。 さらに悪いのは、WBIの最大のいじめのいくつかはまた、職場の何人かの最高の実績者であることが判明しているということだ。これはそれほどの驚きではない。いじめの多くの否定的な特性である、無慈悲、狡猾さ、勝者がすべてを得る– 的な態度は、ビジネスのための使用に配置されると肯定的な競争力の姿勢に見られる特徴である。これらの「有益な」形質は、敵意、低い生産性、それに高い従業員の離職の環境を作ってしまうので、長期的に組織を傷つけることになるだろう。 職場でのいじめを処理するための主要な指標は、オフィスとの関係を中心に説明責任の構造の維持で構成されている。虐待は上部から来る傾向があるため、いじめを回避するために倫理委員会または類似の組織体に権限を与えて利用可能にすることは不可欠だ。やつれた従業員のためにどのような職場のメカニズムも利用できなければ、常に外部の法的手段を求めることができる。 元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2844932/careers-staffing/workplace-bullying-a-costly-epidemic-in-the-enterprise.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *