ホーム / 専門性の発展 / より優れた上司になるための3つの具体的な方法

より優れた上司になるための3つの具体的な方法

エイブリー・オーガスチン氏は、より優れた上司になるための、一見簡単ではあるが重要なヒントを3つ共有している。第一に、チームメンバーと一対一の会議を予定し、他の人が聞くには不適切な重大なフィードバックをする。こうすることで、従業員の懸念や希望を表す機会を与えると同時に、プロジェクトの進捗状況と人間であるチームメンバーの両方をより良く理解することができる。第二のヒントは、「バンドエイドの使用を止めること」である。例えば、最初に作業を割り当てた人がそれに適していない場合に、より有能な人に作業を再度割り当てないことを意味する。その代わりに、個々のチームメンバーをコーチし、その技能を拡大するか、または問題の根の除去を必要とする何であれ積極的に実施する。最後に、従業員が自分を信頼できるような手助けをする。これは、従業員が援助を要求したとき単に記録して随時フォローする形を取る。

元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: https://www.themuse.com/advice/management-intervention-3-ways-to-be-a-better-boss

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

より少ない時間でさらに多くを実行する

信じられないかもしれないが、人は、より少ない時間で仕事をするように予想されると、より多くを達成するように動機づけられる、という。スレート誌の記事で、ジェフ·サザーランド氏は少ないということは、実際には多い、ということを説明している。 サザーランド氏は、OpenViewのベンチャー·パートナーズの上級顧問だ。OpenViewのビジネス文化は、かつては定期的に残業や週末勤務を奨励したが、その後、残業と週末の時間を廃止した場合、生産性がどのように変化するか確認するようにその考えが示唆された。結局、確かに生産性は人が週40時 間以下働いたときに最大に上昇した。同様に重要なことは、人は燃え尽きたと感じることもなくなった。その根底にある理由は、人は長く働いてそのエネルギー を尽き果たすと、最高の仕事をするためのインスピレーションもなくなるということだ。エネルギーがなくなってしまい、間違いを犯しやすくなった。とどのつ まり、時には早期に帰宅することは怠け者ではない、ということが言えよう。 元稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.slate.com/articles/business/productivity/2014/10/get_more_done_by_working_fewer_hours_shorter_days_are_more_productive.2.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *