ホーム / JP / どのようにCIOは会社をリスクから守れるか

どのようにCIOは会社をリスクから守れるか

防御の最前線

CIOはリスクに対して会社全体を保護する責任があります。すべての事業分野への情報技術の拡大に伴い、CIOはイノベーターの役割だけでなく、今や保護者でもあるのです。それでは、CIOとしてどのように計画やプロセスを作成して自分の部門だけでなく、企業全体としても安全でいられるように保証することができるでしょうか。

これはジム·アンダーソン(Jim Anderson)博士がこのブログ記事で答えている問題そのものです。彼は3つの一般的なリスクのタイプ(予防可能タイプ、戦略的タイプ、外的タイプ)およびそれらのリスクを管理する3つの方法を提示しています。

独立した目、ファシリテーター、および組み込みチーム</h2>

リスクを管理する最初の方法は、悪魔の支持者として機能する「独立した専門家グループ」を設定し、プロジェクトチームが持つあらゆる前提条件に挑戦することです。これらは、一般の枠外で思考し、それ以前には考えられなかったリスクを捉えることができるように、あなたのプロジェクトチームをプッシュする人々です。

別のアプローチは、「ファシリテーター」を使用することです。

 [ファシリテーター]は、一般では不可視のリスクを特定します。多くのIT部門では、複数のプロジェクトやさまざまな既存の機能が存在しています。複数の新規プロジェクトを実装した最終的な結果は、IT部門に悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、プロジェクトチームは自分の個々のプロジェクトのみを見ているので、その誰一人としてそれを決定することはできません。ファシリテーターの役割はすべての進行中のプロジェクトから情報を収集し、IT導入された場合の部門へのリスクを評価することにあります。

最終的なアプローチは、これらのリスクを特定し扱っている人々をプロジェクトチーム自体に配置することです。並んで作業することによって、作業チームは即座に質問をし、同じように即座に答えを得ることができます。

詳細につきましては、元の記事(英語)をこちらからどうぞ。: http://theaccidentalsuccessfulcio.com/business-2/how-cios-can-help-their-company-to-manage-risk

約 Matthew Kabik

Matthew Kabik is the former Editor of Computer Aid’s Accelerating IT Success. He worked at Computer Aid, Inc. from 2008 to 2014 in the Harrisburg offices, where he was a copywriter, swordsman, social media consultant, and trainer before moving into editorial.

また、チェック

ITリスクへの高まる関心の背後にある4つの理由

リスクとは次の討論の議題 誰もがITのあらゆるリスクについて噂しているようであれば、それにはそれなりの理由があります。実際、Gartner.comのジョン·ホイーラー氏によれば、それには4つあります。最初は、理解の欠如です。理事会員と最高情報セキュリティ担当者との間の相互作用は、長年の懸案であり、それが実現されれば、ITリスクは、理事会が理解し作用することができるビジネス的状況としては提示されることはありません。ビジネスとIT間で効果的に意思疎通が可能になるためには、より多くの管理デ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *