ホーム / プロジェクト管理 / あなたが小さなプロジェクに手こずっている12の当然の理由

あなたが小さなプロジェクに手こずっている12の当然の理由

課題はどんなに小さなプロジェクトでも持ち上がることがあり、課題ができると、プロジェクト管理者としてのあなたは小さくなっているわけにはいかない。ハリー・ホール(Harry Hall)氏は、あなたが小さなプロジェクトでまだ苦労している可能性のある12の理由について書いている。

  1. あなたは、小さなプロジェクトは単純だと思っている。
  2. プロジェクト憲章を持っていない。
  3. 間違ったレベルの厳密さを適用している。
  4. プロジェクトのスポンサーが存在しない。
  5. チームが十分に配属されていない。
  6. プロジェクトのリスク管理を実行していない。
  7. 変更管理を行っていない。
  8. 誰も気にしないプロジェクトを管理している。
  9. プロジェクトチームが大き過ぎる。
  10. 間違ったツールを使用している。
  11. 管理しているプロジェクトが多過ぎる。
  12. 重要なステークホルダーを確認していない。

プロジェクトの規模と複雑さとの間に直接的な相関関係は必ずしもあるわけではない。プロジェクトの規模や時間の制約の如何に関わらず、利害関係者が要件を変更したときにあなたが知っている必要があるので、あなたはプロジェクト憲章を開発するべきだ。それと同様に、チェックした時に範囲が維持できるように、リスクと蓄積された変更を追跡する必要もある。状況から見て本当に必要としている時だけ、多くの企画を行うようにし、直感を使うことだ。

プロジェクトのスポンサーが気まぐれであれば、プロジェクトのために積極的に新しいスポンサーを探そう。これらの無関心の線に沿って、ホール氏は誰も関心を示さないプロジェクトを支配することについて語っている。

プロジェクトは、非公式な環境で任意に選択されている。そのプロジェクトは、会社の戦略に沿っていない。チームはプロジェクトの優先順位が低く、ほとんど注意を払う人もいないことを知っている。これは管理の問題である。経営陣は、戦略的な位置合わせのためのプロジェクトの要求を見直し、プロジェクトの選考委員会を確立する必要がある。

もし稀にあなたに与えられているチームが実際に大き過ぎるなら、主要な利害関係者を著すグループからコアチームを作る。すべてのものを追跡するために、Excelなどの基本的なツールを使用しよう。

元の投稿文(英語)は、こちらからどうぞ。: http://www.pmsouth.com/2014/08/09/12-good-reasons-you-are-struggling-with-small-projects/

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

プロジェクト管理:技術革新のための器

技術革新は多面的なプロセスである。それは製品の作成から開始されるが、それからその製品の作成法に広がり、顧客の受取る方法につながり、さらに、それがどのように価値を生み出すかになっていく。ロバート・トレド(Robert Tredo )氏は、革新的な戦略を容易にするためのプロセスを設定するのが優れている理由について書いている。 一般的には、プロセスが同じロジックが革新的なアイデアの開発管理に適用できるように、適切に管理されるのは決して悪いことではない。トレド氏は、そのようにしてプロジェクト管理が、技術革新のための器になると語っている。さらに、どのように管理が技術革新を補完するのか、その7のアイデアを提供している。 技術革新は、リーダーシップが技術革新のために文化や環境を設定する時に起こる。 標準化された革新プロジェクトのライフサイクルを定義する。 革新は社会的なプロセスであり、それはプロセスの中に置かれている人々を指す。 技術革新は、失敗を駆り立てる。 フルスケールに移動する前に必ず提案物をテストする。 技術革新とは、必ずしも新製品の開発を意味する必要はない。 プロジェクト管理自体は、革新的でなければならない。 技術革新が重要な理由と、その成功の管理方法を定義するのは、上級管理職にかかっている。だが、革新プロジェクトのライフサイクルには、プロジェクトフェーズの終了を強調するのに予想される成果物の記述を含める必要がある。チームメンバーが相互作用し、成功の可能性を高めるためには、彼らに権限が与えられているという思いを持たせ続ける必要がある。しかし、失敗について、トレド氏は以下のように語っている。 失敗しても構わないほど十分なゆとりがあると創造性を育み、変更する能力を真に制限する可能性の障壁を排除する。だが、失敗したプロジェクトをいつ停止するかをわきまえておくことも重要だ。アイデアが良くなければ、即座に放置すべきだ。 元の投稿文(英語)は、こちらからどうぞ: http://blogs.pmi.org/blog/voices_on_project_management/2014/08/project-management-the-vessel.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time