ホーム / 専門性の発展 / エネルギッシュであり続ける方法トップ10

エネルギッシュであり続ける方法トップ10

あなたは何を望んでいるのでしょうか?効率的に仕事をする。いつそれを望んでいますか?昼寝をした後。ケヴィン・パーディ(Kevin Purdy)は今あなたをエネルギッシュの状態にさせ、その推進力を維持するための10のヒントを書きます。

パワーバーやエネルギー飲料の代わりに、あるインターネットリサーチをしてあなた自身のエネルギー製品を作り上げて下さい;たくさんのレシピが世界中にあります。しかし、一般的なエネルギースナックには、チーズ添えリンゴやフィッシュ添えベジーは賢明なオプションです。朝に、混乱の中で数分間のエクササイズを割り込むことができるかどうかを確認してください。仕事場で、気が散らずにあなたの脳を引き込むために、バッハのようなあまり覚えやすくないリラックスできる音楽に耳を傾けることができます。香油を使って香りの感覚に引き込まれ、少し冷えた環境の中で仕事をするように試みてください;暖かさはあなたを眠たくさせます。

あなたは仕事で燃え尽きた場合、休暇時間の利用や新しいプロジェクトを探す試みについて考えてください。おそらくあなたは1日何時間(多分、早朝)最善の仕事をしているのか既にご存じであるので、あなたが最も目覚めている時に従って大変な仕事を予定して下さい。それに従事している間、約15分割いて外に出れば、ビタミンDを吸収することができます。あなたのカフェイン摂取を減らすか、カフェインをより少量にしてください。そしてついに”パワーナップ(軽い仮眠)”を習得するのです!

原文投稿を一読ください(英語): http://lifehacker.com/5054947/top-10-ways-to-stay-energized

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

より少ない時間でさらに多くを実行する

信じられないかもしれないが、人は、より少ない時間で仕事をするように予想されると、より多くを達成するように動機づけられる、という。スレート誌の記事で、ジェフ·サザーランド氏は少ないということは、実際には多い、ということを説明している。 サザーランド氏は、OpenViewのベンチャー·パートナーズの上級顧問だ。OpenViewのビジネス文化は、かつては定期的に残業や週末勤務を奨励したが、その後、残業と週末の時間を廃止した場合、生産性がどのように変化するか確認するようにその考えが示唆された。結局、確かに生産性は人が週40時 間以下働いたときに最大に上昇した。同様に重要なことは、人は燃え尽きたと感じることもなくなった。その根底にある理由は、人は長く働いてそのエネルギー を尽き果たすと、最高の仕事をするためのインスピレーションもなくなるということだ。エネルギーがなくなってしまい、間違いを犯しやすくなった。とどのつ まり、時には早期に帰宅することは怠け者ではない、ということが言えよう。 元稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.slate.com/articles/business/productivity/2014/10/get_more_done_by_working_fewer_hours_shorter_days_are_more_productive.2.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *