ホーム / リスク管理 / 7 つの致命的なプロジェクト管理問題

7 つの致命的なプロジェクト管理問題

一貫して問題を処理する方法を知っているプロジェクト管理者(PM)は、何年もの間その職業に就いて成功している。残りは、ショパンの「葬送行進曲」からの脱出が必要になることもある。ジェニファー・ロノーフ・シフ氏は、PMが解決すべき7つの最も重要な問題を定義して、その障害を設定している。

  1. 説明責任
  2. リソース
  3. 締め切り
  4. スコープ
  5. サプライズ
  6. 距離
  7. コミュニケーション

予想は始めから確立されるべきである、とシフ氏は述べている。RACI(責任、説明責任、相談、通知)チャートを用いることによって、PMはプロジェクトの役割についてスタッフに責任を持たせるために必要な構造と可視性を与えることができる。

締切は、より普遍的な問題であるが、PMにとっては全く新しい次元となる。セ キュリティアウェアネス社の生産ディレクターであるアシュリー・シュバルタウ氏は、チームメンバーのために人為的に事前にそれらを設定し、時折起こる失態 や見直し用の緩和剤として残すことによって、期限を扱っている。もう一つの一般的な問題は、スコープクリープだ。良いPMは変更、検証、資産、および影響の徹底的なドキュメントを保持する。優秀なPMならば、さらにそれより進めて、リスクと品質管理戦略を実装することだろう。

それに、サプライズという要素がある。この場合、PMが持つことを望むものでは ない。定期的な状況会議は歓迎できない混乱を避けるには十分であるが、その次に賭けるとしたら共同作業トラッキングソフトウェアがいいだろう。第六番目の 項目について、チームは国内や世界中に分散されている。ここでの解決策は技術だ。適切なモバイルの共同ツールを使用すれば、距離の制限が克服される。そし て最後に、チームに調和が欠如しているなら必然的に最良の開発プロジェクトでも取り消しになりうる。ここでの修正は、通常の電話相談や直接訪問を通して チームメンバーと係合し続けることだろう。

元稿(英語)はこちらからどうぞ: http://www.cio.com/article/2876701/project-manager/7-ways-project-managers-can-anticipate-avoid-and-mitigate-problems.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

プロジェクトマネジャーが犯す3つの大きな過ちとは?

プロジェクトマネジャー達は、プロジェクトチームのやる気を引き 出すこと、プロジェクトの利害関係者から協力を勝ち得ること、自分たちの努力にふさわしい結果を得ることに今もなお苦心していることが分かったと、プロ ジェクトリーダーシップのコーチを務めるスザーン・マッドセン(Susanne Madsen)は述べています。マッドセンはブログの中で、通常であれば非常に知能的に高いプロであるプロジェクトマネジャーでも苦心の種となる3つの大きな過ちを挙げています。 最大の過ち プロジェクトのチームメンバーを率いるのではなく、プロジェクトのタスクを管理してしまう 焦点が重要課題ではなく緊急を要する問題点に当てられてしまう 全ての問題点の解決に対応してしまう プロジェクトマネジャーがタスクを割り当ててスケジュールを作成することに集中すれば、そのプロジェクトは多分に成功することになるでしょう。しかし、何故このプロジェクトは重要なのかだとか、実際の人たちにどんな影響を及ぼすのだろうか、などとプロジェクトマネジャーが考えめぐらしたりしていると、誰か他の人によって創り出されたビジョンをプロジェクトを通して形あるものにすることではなく、ただ単にビジョンを実行することだけになってしまいます。 プロジェクトは期限厳守で遂行されるものです。集中力が奪われて しまうような問題点が発生すると、本来焦点を当てなければならない問題点に対する注意集中が置き去りにされてしまします。プロジェクトマネジャーは、翌月 のプロジェクトを正式に戦略化しなければならない時間を確保しようするがために、イーメールされてきた緊急の問題発生を無視することに罪悪感を感じるかも 知れません。しかし、マイナーな問題点が発生する度に果敢にそれらの問題点を回避しようと努めることによって「忙しそうに見える」という悪循環に陥ってし まうと、プロジェクトを苦しめるより深い問題点に対応するための時間を確保することは何時まで経っても永遠にできないくなってしまうでしょう。 もう一つの共通の過ちは、プロジェクトマネジャーはすべての回答 …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *