ホーム / 専門性の発展 / 楽観主義者となるための能の訓練

楽観主義者となるための能の訓練

ものごとを楽観的に考えることができるようなれば、今まで以上の成功が現実化する可能性があります。ジョフリー・ジェイムズ(Geoffrey James)は、自分自身に対して、また人生の困難に立ち向かう姿勢に対して分析をすることを寄稿の中で訴えています。

人は何かをする場合には、そのような行動に対して精神的な引き金となるものを持っているものであり、それによって物事がハッピーになる かハッピーでなくなるかが決まってくるものです。自分自身が人として誰であるかを把握することのできるようなそうした引き金のリストをまず作成してみるこ とをジェイムズは勧めています。その次に、そのリストを客観的な目でに読み返し、それが楽観主義者が書いたものか、又は悲観主義者が書いたものかを判定し ます。もしそのリストが悲観的に響くものであれば、自分の考え方を転換させるような何か新しく思慮に富んだルールを自分のために考え出してみることです。 自分をハッピーにしてくれるような何か新しく小さなことを考え、自分を惨めなものにするような出来事と言うのは実際には非常に稀であること認識することで す。このような物事の考え方が一旦身に付くと、楽観的なものがもっとよく見えやすくなり、悲観的なものがより稀なものになり、その証拠として今日も一日が 素晴らしい日になるだろうと感じることができるようになります。

原文(英語)を読むには:http://www.inc.com/geoffrey-james/train-your-brain-to-be-optimistic.html

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

大きな成功をおさめた人が自己疑念を克服できる8つの方法

ブルーナ・マルティヌッズィ(Bruna Martinuzzi)は論文の中で、実業家として成功した人たちが自己疑念を克服した方法を纏めている。そのような人たちにとってうまく行った方法なら、貴方にもうまく行くと思われる。 すべての疑念を破壊する 自分が物事を成すことができない言い訳を止める。特に、仕事に対する自分の計画については、計画と行動の間には天と地の開きほどの差があるので、話をしない。自分を幸せにしていてくれ、かつ知的にやりがいのあるようにしていてくれる人たちに囲まれているようにする。疑念をはっきりとさせるために自覚を促す。自分自身を慈しむ。それは自分を大目にみてやり、自負心の向上を受け入れることを意味する。その妥当性をチェックするのに他人に目を向けてはならない。自分を導くには自分の直感と自分の価値を信ずる。そして一番大切なことは、自分が用意ができているかいないかに関わらず、まずは「踏み出し」を始める。自分のしたいことが何であれ、やってみる、そして今日それを人に見てもらう。 論文原文(英文)を読むには:https://www.americanexpress.com/us/small-business/openforum/articles/8-ways-highly-successful-people-overcome-self-doubt/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Sorry, but this content
is for our subscribers only!

But subscribing to ACCELERATING IT SUCCESS is FREE and only one click away!
Join more than 40,000 IT Professionals and get the best IT management articles to your mailbox with Accelerating IT Success!

Unsubscribe at any time