ホーム / 専門性の発展 / あなたがしていた5つのキャリアでの間違い

あなたがしていた5つのキャリアでの間違い

リビー・ケイン氏は、あなたが間違ってやっていることをすべて知っていると主張しているので、超能力者に違いない。ここに、その止めるべき5つのキャリアの間違いが記載してある。

第一に、ソーシャルメディアは雑用が多いが、実際には雇用者の大半は、現在の求職者についての追加情報は、ソーシャルメディアを閲覧することによっている。デジタルな表示を持っていないと、雇用のチャンスを台無しにする可能性がある。もう一つの間違いは、他の人たちよりも何名かの同僚と結合していること。これは、短期間には大丈夫だが、あなたのグループの人でない方が出世すると、それによって人間関係が本当に複雑になることがある。

第三に、具体的にあなたが追求している分野と結び付かない限り、あなたの履歴書に記載されているすべての「生計を立てるためだけ」タイプの仕事を強調しないことをケイン氏は勧めている。さもなければ、雇用主はそれらを注意散漫として見なすかもしれない。また、大きな意思決定を行ために、賛成か反対のリストだけに依存して「合理的」になろうとすると、崖っぷちから落ちて、腸が避けたい結果にもなり得ることも覚えておこう。そして最後に、最後の間違いは、他人を失望させることを恐れて、自分を利用しやすくしないこと。ノーと言うか、おそらく条件付きのイエスと答えても大丈夫かを知っていよう。

元の投稿(英語)は、こちらからご覧ください: http://www.fastcompany.com/3025536/how-to-be-a-success-at-everything/5-career-mistakes-you-didnt-know-you-were-making

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid’s Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

あなたの革新の問題は本当はリーダーシップの問題です

新しいアイデアが木に育つものではないように、立派な指導者についても同様の事が言えます。結局のところ、指導者がまだ種を蒔いていないために、組織が革新という果樹園を育てていないのかもしれません。ハーバード·ビジネス·レビューのスコット·アンソニー氏は、「革新の問題を抱えていると思っている会社には革新の問題はない。彼らにあるのは指導者の問題だ。」と語った元Procter & Gamble 社の上級管理者カール・ロン氏の言葉に触発されて、ブログにこの点について投稿

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *