ホーム / プロジェクト管理 / あなたが知り得る必要なプロジェクトマネジメントにおける6つの傾向

あなたが知り得る必要なプロジェクトマネジメントにおける6つの傾向

プロジェクトマネジメントは技術同様、時間とともに変化と遂げるものだ。あなたが最も効果的なITリーダーになるには新しいトレンドを常に把握する必要がある。ダンカン・ハーウィ氏はプロジェクトマネジメントを率いる6つの傾向について書く。

  1. クラウドの中でより良好な協調性
  2. 地理的に分散したプロジェクトチーム
  3. 機敏なプロジェクトマネジメント
  4. バーチャル上の学習
  5. 職業に入る難関
  6. 圧縮したプロジェクトマネジメントの周期

クラウドコンピューティングはこれまでに無い便利性を提供する。ハーウィは 例えば、ドキュメント等、シンプルなものを指摘するので、後に変更を組み合わせずに仕事が同時にできる環境 がある。これは地理的に分散したチームを踏まえると、重要な事だ。アウトソーシングは通常になることが頻繁的で、ツールによって、バーチャル上の会議での時差を乗り越えること を可能にする。

機敏さは決して新しいアイディアではなく、スクラムとスプリントを含める利用の膨らみが大事である。さらに視野を広げたいと望んでいる者は、バーチャル学習に力を入れてもいい。これは直接、授業でトレーニングを受けるよりも割安でフレキシブルだ。特にプロジェクトマネジメントの職業で成功するのが難しいので、それをやり続けるというシッカリした気持ちがあれば、バーチャル学習は有利なものになる可能性を秘めている。

雇い主は経験を求める。経験が浅いプロジェクトマネジャーを雇うには憚る。従って、この職業に入る簡易な答えまたは、方式がない。プロジェクトマネジメントの資格を得るのが第一歩。資格を得るのが職業で進歩したいという意志の表示である。資格はプロジェクトマネジャーになるのが真面目であることを見せる。

最後の傾向は圧縮したライフサイクルで、われわれが暮らすペースの早い現代を反映する様だ。何年もの掛かるはずだった、商品の配達は今や、何ヶ月に縮んだ。これでプロジェクトマネージャーにプレッシャーを与え、付いていくのに、反復プロトタイプとローリングウェーブの計画等の、戦略に利用せざるを得ない。

下記で原文(英語)の記事をご覧ください。http://www.projectsmart.co.uk/the-six-project-management-trends-you-need-to-know.php

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

ソフトウェアの見積りを機転を利かした方法で変更

見積りがこれ以上難しくなれない程大変に思える時は、ソフトウエアによる見積もりに移動する時です。ソフトウェアの恐ろしいほどの見積りは、主にそれが製作者にしか触れられないほど複雑であるため、過去数十年の間大幅に変化していません。最終的なコストには50 %のエラー用の手数料がしばしば含まれていることに驚きませんか。ケイン・マー(Kane Mar)氏は、機転を利かした方法(Agile method)を使用してその率を低くする時が来たと考えています。 それには、固定価格、固定範囲アプローチを取り、マー氏

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *