ホーム / プロジェクト管理 / あなたが知り得る必要なプロジェクトマネジメントにおける6つの傾向

あなたが知り得る必要なプロジェクトマネジメントにおける6つの傾向

プロジェクトマネジメントは技術同様、時間とともに変化と遂げるものだ。あなたが最も効果的なITリーダーになるには新しいトレンドを常に把握する必要がある。ダンカン・ハーウィ氏はプロジェクトマネジメントを率いる6つの傾向について書く。

  1. クラウドの中でより良好な協調性
  2. 地理的に分散したプロジェクトチーム
  3. 機敏なプロジェクトマネジメント
  4. バーチャル上の学習
  5. 職業に入る難関
  6. 圧縮したプロジェクトマネジメントの周期

クラウドコンピューティングはこれまでに無い便利性を提供する。ハーウィは 例えば、ドキュメント等、シンプルなものを指摘するので、後に変更を組み合わせずに仕事が同時にできる環境 がある。これは地理的に分散したチームを踏まえると、重要な事だ。アウトソーシングは通常になることが頻繁的で、ツールによって、バーチャル上の会議での時差を乗り越えること を可能にする。

機敏さは決して新しいアイディアではなく、スクラムとスプリントを含める利用の膨らみが大事である。さらに視野を広げたいと望んでいる者は、バーチャル学習に力を入れてもいい。これは直接、授業でトレーニングを受けるよりも割安でフレキシブルだ。特にプロジェクトマネジメントの職業で成功するのが難しいので、それをやり続けるというシッカリした気持ちがあれば、バーチャル学習は有利なものになる可能性を秘めている。

雇い主は経験を求める。経験が浅いプロジェクトマネジャーを雇うには憚る。従って、この職業に入る簡易な答えまたは、方式がない。プロジェクトマネジメントの資格を得るのが第一歩。資格を得るのが職業で進歩したいという意志の表示である。資格はプロジェクトマネジャーになるのが真面目であることを見せる。

最後の傾向は圧縮したライフサイクルで、われわれが暮らすペースの早い現代を反映する様だ。何年もの掛かるはずだった、商品の配達は今や、何ヶ月に縮んだ。これでプロジェクトマネージャーにプレッシャーを与え、付いていくのに、反復プロトタイプとローリングウェーブの計画等の、戦略に利用せざるを得ない。

下記で原文(英語)の記事をご覧ください。http://www.projectsmart.co.uk/the-six-project-management-trends-you-need-to-know.php

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

プロジェクトリーダーシップの陰と陽

多くの人々は、仕事や人生いずれにしろ〝バランス”について話そうと試み、大抵はでっち上げて終わります。スサンネ・マデッセン(Susanne Madsen)はそのような過ちを犯していません。彼女は陰と陽のコンセプトを適用してプロジェクトの卓越性を達成しており、実際的助言でそうしています。 マデッセンはプロジェクトチーム管理への二つの補完的方法に集中させるために陰陽コンセプトを使います。”陰”のアプローチは支援、安定、尊敬を強調します。それは個人の精神力とモチベーションを引き出し、チームを統合し士気を高めようとするより育成的なマネジメントスタイルです。”陽”のアプローチは責任、事実解明、高水準設定を重視ます。どちらか一方のアプローチに偏りすぎて学ぶよりは、それらを等しく混ぜて学ぶことを彼女は推奨しています。 陰の活動: リスニング、支援、コーチング、安定した職場環境の提供、自信を育む 陽の活動: 厄介な質問を投げかける、チームメンバーに責任を課す、結果の要求、道理をわきまえる 陰と陽をグラフの縦軸と横軸として配置して、マデッセンはプロジェクトマネージャーに関連する4つのカテゴリーを作っています。陰カテゴリーに重きを置き過ぎるリーダーはプロジェクト環境での自己満足を促進します。陽側に強き重きを置きすぎると、チームメンバーにはストレスの多い人生を作り出し、最終的には生産性を削り取ることになります。どちらかの要素がなければ、プロジェクトマネージャーは仕事を適切にこなすことができません。しかし、これら要素が組み合わされた場合、彼らはサポートを受け試されているという両方の気持ちを持つチームにかなり従事します。マデッセンは以下を結論づけています: チームは陰と陽両方の動的引力を必要とし、またリーダーはその二つを調和させる必要があります。リーダーシップとは 、“どちらか一方/または”に関してではなく、“および”に関してなのです。私たちは可能にし続けて力強く; 許し続け要求し続ける; 柔軟性がありしぶとい;協力的であり挑戦的でいなければならないのです。 原文投稿を一読ください(英語): http://www.susannemadsen.co.uk/blog/provide-your-team-with-the-best-conditions-for-growth-the-yin-and-yang-of-project-leadershiptm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *