ホーム / プロジェクト管理 / プロジェクトに家を与えよう

プロジェクトに家を与えよう

プロジェクト管理室を建てることは、プロジェクトのための家を作るようなものだ。それは、たまり場空間だ。これは、コラボレーションのハブであり、想像力をワイルドなほど働かせよう。最も重要なのは、プロジェクト管理室は、チームの戦略と実績を向上させるための核であるが、プロジェクトホームには4つの明確な利点があり、プロジェクト管理上の声について、ケビン・コーテラドは説明している。

その4つの手段

  • 結束/コントロール
  • コラボレーション
  • 可視性
  • 生存率

管理室を持つことは、プロジェクトのさまざまな側面を一元化する。しかし、スケジュール、プロジェクトの状況、リスクリスト、成果物リスト、マイルストーンなどの要因を強調した部屋に、ある種の「マップ」があった方がよいかもしれない。用紙を節約するために、大型モニターやテレビ画面上にこれらのリストを表示することにより、潜水艦メタファーで実行する。優れた共同空間と同様に、その管理室には、電話、会議エリア、スピーカーフォン、(もちろん)コンピュータ、良い照明、快適な椅子、そしてより多くの電話とラップトップのプラグインのような家具、個室が必要になる。アイデアや対話の継続的な流れを提供するために、そこで人に会って対話し、頻繁にそこで会うことにしよう。

誰もがプロジェクト室の場所を知っていて、その目的を伝えよう。別のチームには指定時間にその部屋の別の部分を占有するようにしてもらい、定期的な会議に使用してもらおう。その内容の詳細は後でチェックし、確実に維持されるようにして、できる限り管理室として実行可能なことを確認する。標準的事務所の材料が不足しているなら、つまり、スペースが機能することは少なくなり、したがってより少なく使用することになる。しかし、メモ帳、マーカー同様に、軽食や飲み物も評価してもらえることを忘れないでいよう!どちらも、定期的にストックされるべきである。

元の投稿(英語)はこちらからどうぞ: http://blogs.pmi.org/blog/voices_on_project_management/2014/09/give-your-project-a-home.html

約 Eric Anderson

Eric Anderson is a staff writer for CAI's Accelerating IT Success. He is an intern at Computer Aid Inc., pursuing his master's degree in communications at Penn State University.

また、チェック

プロジェクトリーダーシップの陰と陽

多くの人々は、仕事や人生いずれにしろ〝バランス”について話そうと試み、大抵はでっち上げて終わります。スサンネ・マデッセン(Susanne Madsen)はそのような過ちを犯していません。彼女は陰と陽のコンセプトを適用してプロジェクトの卓越性を達成しており、実際的助言でそうしています。 マデッセンはプロジェクトチーム管理への二つの補完的方法に集中させるために陰陽コンセプトを使います。”陰”のアプローチは支援、安定、尊敬を強調します。それは個人の精神力とモチベーションを引き出し、チームを統合し士気を高めようとするより育成的なマネジメントスタイルです。”陽”のアプローチは責任、事実解明、高水準設定を重視ます。どちらか一方のアプローチに偏りすぎて学ぶよりは、それらを等しく混ぜて学ぶことを彼女は推奨しています。 陰の活動: リスニング、支援、コーチング、安定した職場環境の提供、自信を育む 陽の活動: 厄介な質問を投げかける、チームメンバーに責任を課す、結果の要求、道理をわきまえる 陰と陽をグラフの縦軸と横軸として配置して、マデッセンはプロジェクトマネージャーに関連する4つのカテゴリーを作っています。陰カテゴリーに重きを置き過ぎるリーダーはプロジェクト環境での自己満足を促進します。陽側に強き重きを置きすぎると、チームメンバーにはストレスの多い人生を作り出し、最終的には生産性を削り取ることになります。どちらかの要素がなければ、プロジェクトマネージャーは仕事を適切にこなすことができません。しかし、これら要素が組み合わされた場合、彼らはサポートを受け試されているという両方の気持ちを持つチームにかなり従事します。マデッセンは以下を結論づけています: チームは陰と陽両方の動的引力を必要とし、またリーダーはその二つを調和させる必要があります。リーダーシップとは 、“どちらか一方/または”に関してではなく、“および”に関してなのです。私たちは可能にし続けて力強く; 許し続け要求し続ける; 柔軟性がありしぶとい;協力的であり挑戦的でいなければならないのです。 原文投稿を一読ください(英語): http://www.susannemadsen.co.uk/blog/provide-your-team-with-the-best-conditions-for-growth-the-yin-and-yang-of-project-leadershiptm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *