ホーム / 専門性の発展 / 忠告を求めることによって対抗相手に勝つ

忠告を求めることによって対抗相手に勝つ

忠告を求めることは弱さの証拠のように考える人もいるかもしれないが、他の人からの指針を求めることは、キャリアの成功の唯一最大のブースターになることもありうる。ケイティ・リルゲンケスト(Liljenquist) 氏とアダム・ガリンスキー(Galinsky)氏は、忠告を求めて劇的に変化する方法について、ハーバード·ビジネス·レビューで著している。これは小さな事が大きな違いを起こす例である。

助言を求めるべき3つの理由

  1. 顧問にもっと気に入ってもらえる。
  2. 顧問はあなたの視点から物事を見ることができる。
  3. 顧問はあなたの原因の擁護者になってもらえる。

忠告を他人に求めることは、あなたがその人の意見の価値を認めているということを意味するので、お世辞にもなる。あなたの上司はその年上の知恵に感謝していると言う意味で喜んでくれ、また部下はその2円ほどの微々たる価値がある意見で、自分も本当に重要であると思ってくれるのである。いずれの場合も、同僚はあなたを気に入り、感謝してくれるだろうし、それ自体、あなたのキャリアのために益となる。リルゲンケスト氏はこの理論を実践した場合の優れた例を提供している。

不動産取引に対応しながら、私たちの一人(ケイティ)が、最近これをテストしてみた。無関心または郡の職員の落胆するような電話での呼び出しの後、ケイティは直接に企画・都市計画事務所を訪問した。何が許容事項であるないを公式をせがんで困らせるより、ケイティは制約の扱い方について助言を求めた。関係者はケイティは自分では得られないほど多くの内部情報と指導を関係者から得たのだ公式の専門知識を求めたケイティの謙虚な要求で、[その関係者は]活性化される恩恵を受け、そのお返しに今度はケイティは、非常に困難な状況で巧みに物事を動かす方法について援助を受けることができたのだ。

このシナリオは、アドバイスを求めることは、人があなたの視点から物事を見なければならないので、なかなか良いところをついている。自分の持っているビジョンを共有すると、交渉に創造的な解決策を見つけることの確率は増加するものだ。忠告を求めることは、以前は従業員の実績が低いと思っていた、上司の従業員に対する意見を向上させる力さえ持っているのだ

最善のケースでは、相手の忠告を求めることは実際にその相手を自分の側につけることができる。これは、彼らがあなたに忠告をすることは、彼らがあなたに提唱したいがために、それに耳を傾けて、あなたへの投資をしたことを意味するためだ。ビジネスであれ一般生活の中であれ、忠告を求めると、求めなければ得られない可能性のある協力の度合いを促進できるようだ。あなたの勧誘が誠実な限り、忠告はなかなか役に立つこともある。

元の投稿 (英語) はこちらからどうぞ: http://blogs.hbr.org/2014/06/win-over-an-opponent-by-asking-for-advice/

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

あなたの革新の問題は本当はリーダーシップの問題です

新しいアイデアが木に育つものではないように、立派な指導者についても同様の事が言えます。結局のところ、指導者がまだ種を蒔いていないために、組織が革新という果樹園を育てていないのかもしれません。ハーバード·ビジネス·レビューのスコット·アンソニー氏は、「革新の問題を抱えていると思っている会社には革新の問題はない。彼らにあるのは指導者の問題だ。」と語った元Procter & Gamble 社の上級管理者カール・ロン氏の言葉に触発されて、ブログにこの点について投稿

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *