ホーム / プロジェクト管理 / 未来へ向かってあなたの方法をブレインストーミングしよう

未来へ向かってあなたの方法をブレインストーミングしよう

Brainstorm Your Way into the FutureM.C.イーシャー (M.C. Esher ) 氏はかつて「不条理を試みる者だけが不可能を可能にする」と述べたことがあります。ブライアン・ルーカス(Brian Lucas) 氏は、これはブレインストーミングでの成功の背後にある鍵であり、したがって、技術革新への鍵であると強く考えています。どの事業も技術革新なしでは生き残れないので、もの凄いアイデアであればあるだけ、成功の大きなチャンスがあるとも言えます。

しかし、ブレーンストーミングを成功させるには、個人のアイデアはグループと組合わせるほどの価値がないと個人が信じる場合の無賃乗車のような、いくつかの障害物があります。また、グループの低生産性によって個人の可能性を最大限に到達させず、またあるグループは実際よりもより生産的であると考える生産性の錯覚などの社会的一致不一致による効果もあります。

これらの問題に対処する一つの方法は、判断を保留することです。使用しないアイデアですら、完全な解決策を鼓舞する可能性があるのですから、悪いアイデアというものはない、ということを心に留めておいてください。また、アイデアの数はあればあるほど良いわけですから、アイデアの数を増やしましょう。最後に、特定の問題に取り組みましょう。結局のところ、狂気の沙汰にも、何らかのパラメータを持つ必要があるからです。

 

結局、必要なものは、あなたのビジネスを未来へと動かすのに意見を述べることを恐れない人々の強力なグループダイナミックスです。つまり、それが機敏性と技術革新の背後にある本当の秘密なのです。

約 Rachel Ginder

Rachel Ginder was a staff writer for CAI's Accelerating IT Success and joined the team in 2013. She also helped with social media and research.

また、チェック

プロジェクトリーダーシップの陰と陽

多くの人々は、仕事や人生いずれにしろ〝バランス”について話そうと試み、大抵はでっち上げて終わります。スサンネ・マデッセン(Susanne Madsen)はそのような過ちを犯していません。彼女は陰と陽のコンセプトを適用してプロジェクトの卓越性を達成しており、実際的助言でそうしています。 マデッセンはプロジェクトチーム管理への二つの補完的方法に集中させるために陰陽コンセプトを使います。”陰”のアプローチは支援、安定、尊敬を強調します。それは個人の精神力とモチベーションを引き出し、チームを統合し士気を高めようとするより育成的なマネジメントスタイルです。”陽”のアプローチは責任、事実解明、高水準設定を重視ます。どちらか一方のアプローチに偏りすぎて学ぶよりは、それらを等しく混ぜて学ぶことを彼女は推奨しています。 陰の活動: リスニング、支援、コーチング、安定した職場環境の提供、自信を育む 陽の活動: 厄介な質問を投げかける、チームメンバーに責任を課す、結果の要求、道理をわきまえる 陰と陽をグラフの縦軸と横軸として配置して、マデッセンはプロジェクトマネージャーに関連する4つのカテゴリーを作っています。陰カテゴリーに重きを置き過ぎるリーダーはプロジェクト環境での自己満足を促進します。陽側に強き重きを置きすぎると、チームメンバーにはストレスの多い人生を作り出し、最終的には生産性を削り取ることになります。どちらかの要素がなければ、プロジェクトマネージャーは仕事を適切にこなすことができません。しかし、これら要素が組み合わされた場合、彼らはサポートを受け試されているという両方の気持ちを持つチームにかなり従事します。マデッセンは以下を結論づけています: チームは陰と陽両方の動的引力を必要とし、またリーダーはその二つを調和させる必要があります。リーダーシップとは 、“どちらか一方/または”に関してではなく、“および”に関してなのです。私たちは可能にし続けて力強く; 許し続け要求し続ける; 柔軟性がありしぶとい;協力的であり挑戦的でいなければならないのです。 原文投稿を一読ください(英語): http://www.susannemadsen.co.uk/blog/provide-your-team-with-the-best-conditions-for-growth-the-yin-and-yang-of-project-leadershiptm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *