ホーム / CIO / CIO: 従業員の経験を係合する進行係

CIO: 従業員の経験を係合する進行係

幸福を感じている労働者は生産的な労働者です。自分の仕事に敬意が表せられ、創造的になる余裕が与えられていると感じる従業員は、一生懸命働き、その会社を職場やベンダーとして推薦する可能性が高くなります。CIOは、労働者としての経験技術を活かしテクノロジーを用いて、それを係合し満足のいくものとする役割を果たすことができますが、TJ Keittはそれを達成する方法についてZDNetのために文書にしたためます。

事業は組織の定期的な維持管理に関わるあらゆる種類のシステムの管理に幅広いガジェットや防犯機器を提供していますが、このようなテクノロジーが十分に採用されていない場合、従業員はiPhoneやDropboxの形でサポートを求めて社外に行き始めます。CIOは、テクノロジーが実施されているタスクに合う、テクノロジー体験の構築に集中している思考方法を変える必要があります。要は、従業員が最適なプロジェクトの結果の達成に外部の機器や技術を必要とすべきではないということです。焦点のこの切り替えを完全に実現するために、Keittは、ITリーダーの為すべきことを述べます。

  • 従業員に取りつかれたIT組織を造る。
  • 技術に労働におけるビジョンを合わせてビジネスリーダーと協力する。
  • 成功を測るために人事部門とパートナーを組む。

ITは、単なるテクノロジー組織ではなく、顧客サービス組織として自らを見据える必要があります。 CIOは、前進し、強くて統一した見解が持てるように、従業員とビジネス間の通信を簡単にする方法を見つけなければなりません。そして、そこに至るのに人事課を使うのは非常に良い考えです。

CIOは、組織内の従業員に目的にある共有意識を与える力を持っています。 ITが刺激され、適切に指導されると、彼らが開発するテクノロジーは企業のニーズを満たすのに最もよく磨かれることになります。

 英語の記事

約 John Friscia

John Friscia is the Editor of Computer Aid's Accelerating IT Success. He began working for Computer Aid, Inc. in 2013 and continues to provide graphic design support for AITS. He graduated summa cum laude from Shippensburg University with a B.A. in English.

また、チェック

デロイトからの2015年技術報告書が示す4大動向

デロイトからの第6回年次技術動向報告書は、最高情報責任者(CIO)の技術統合者としての新しい役割からアンビエント・コンピューティングに至るまでの多くの新しい技術的進展を取り上げています。コナー・フォーレスト(Conner Forrest)は、これらの実態をすべてのCIOが理解すべき2015年の4大動向として以下のように要約しています。 最高統合責任者としてのCIO アプリケーションプログラミングインタフェース(API)経済 アンビエント・コンピューティング ソフトウェアで定義•制御化されたすべて CIOは企業におけるITの要であるとデロイトは報告し、CIOの役割はオペレーター、科学技術者、戦略家、促進者という4つの面においてシフトしていると説明しています。更に、CIOはベンチャーキャピタリスト等も含めたIT全体を管理し、最適なポートフォリオ管理戦略に基づいて計算され予測されたリスクを負い、またプロジェクトを選択すべきであると、フォーレストは述べています。 APIが出現してからもう大分経ちますが、ようやく現在に至ってそれは企業にとって極めて重要なものであることが認識されています。APIが単に技術的資産として取り扱われているだけではなく、ビジネス上の最重要事項の一つに取り上げられているのはそのような理由からきています。ある製品にはその製品に対する特別の事業計画が求められるのと同じように、それぞれのAPIに対しても同様に取り扱うことが勧められています。 APIを導入する際には、その作用や能力の範囲を明確にしなければなりません。不適切に書かれたコードや過去に休眠していたセキュリティがAPIを通して表面に沸き上がって来るリスクがありますので、それらが発生した時に生じる問題に対応できるよう準備を整えておかなければならない必要があります。 長い間待ち望まれていてようやく表面化し始めている傾向の一つにモノのインターネット(IoT)革命、本報告書では「アンビエント・コンピューティング」と呼ばれているものがあります。これは、ビジネスの実態を導き出すような様々な、一見するとバラバラな対象物やデバイスをネットワーク化することを意味しています。例として、IoTは分析論においては欠かせないものとなるでしょうが、企業がネットワーク化されたさまざまな「モノ」を利用することによってコスト削減の変化を見ようとする場合は、単なる情報だけではなくそれ以上のものが必要とされるものなのです。 最後に、仮想化の大流行が、ソフトウェアで定義•制御化されたネットワーク化(software-defined networking (SDN))やソフトウェアで定義•制御化されたストレージ(software-defined storage (SDS))となって現れてきています。この「ソフトウェアで定義•制御化されたパス(software-defined …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *