より優れた上司になるための3つの具体的な方法

エイブリー・オーガスチン氏は、より優れた上司になるための、一見簡単ではあるが重要なヒントを3つ共有している。第一に、チームメンバーと一対一の会議を予定し、他の人が聞くには不適切な重大なフィードバックをする。こうすることで、従業員の懸念や希望を表す機会を与えると同時に、プロジェクトの進捗状況と人間であるチームメンバーの両方をより良く理解することができる。第二のヒントは、「バンドエイドの使用を止めること」である。例えば、最初に作業を割り当てた人がそれに適していない場合に、より有能な人に作業を再度割り当てないことを意味する。その代わりに、個々のチームメンバーをコーチし、その技能を拡大するか、または問題の根の除去を必要とする何であれ積極的に実施する。最後に、従業員が自分を信頼できるような手助けをする。これは、従業員が援助を要求したとき単に記録して随時フォローする形を取る。 元の投稿 (英文) はこちらからどうぞ: https://www.themuse.com/advice/management-intervention-3-ways-to-be-a-better-boss

続きを読みます »

上司に販売する:プロジェクト管理の上位10のメリット

もちろん、優れた管理は役に立ちます - しかし、それが なぜ そのように優れているのかを言葉で正確に表現するのは難しいかもしれません。あなたが会社にとって役立つ理由を説明することができたとしても、上司は常に強力なプロジェクト管理プロセスの作成のために、あなたにお金と時間をかけているのか正確に教えて欲しいと願うことでしょう。プロジェクト・アクセラレータニュース(Project Accelerator News)に掲載されていたポール・ネイバー(Paul Naybour) による記事が、優れたプロ

続きを読みます »

データ損失につながる5つの一般IT管理者の間違い

データの損失につながる5最も一般的な間違いは、クロールオントラック社 (Kroll Ontrack Inc.)がリリースしています。それらを知り、念頭に置いて、データ損失の可能性を最小限に抑えることは重要です。 1. 文書化、確立した IT の実行、保持とバックアップ手順を怠る。 関連データを保存するために新しいハードウェアが使用されていることがよくありますが、IT部門では、まだそれがテスト段階にあると考えている。多くの場合、データテストでデータがバックアップされておらず、ITのあなたのパート

続きを読みます »

IT プロジェクトは人と開始すべきもの

外部のベンダーは、組織の技術問題の解決策を喜んで販売してくることでしょう。実際に、ITからのアドバイスなしで、彼らは御社の組織に数回に渡ってそれを販売することを希望するかもしれません。ポール・ベネチア(Paul Venezia)はInfoWorldで、組織の同時プロジェクトが互いに離れて存在している場合、プロジェクトごとに別々の技術が購入されることになるが、複数のプロジェクトの必要を満たす技術を1セット購入すれば、支出ははるかに少なくなる、と説明しています。 御社の組織がベンダーに与えている、

続きを読みます »

新しいITプロを高速にしよう

ダン・ショーベル(Dan Schawbel)による研究では、仕事回転率が高いことが示されています。 「 Y 世代はおよそ 2 年で職業を変更するが、 X 世代はおよそ 5 年、団塊世代はおよそ 7 年で職業を変更します。アン・フィッシャーからの研究によると、職業を変更したり、昇進する幹部の約 40 %が最初の 18 ヶ月で失敗することが報告されています。」 新旧社員の一定の流れがあるので、より入社プロセスを合理的にすればするだけ良くなります。入社は、採用者が雇用された瞬間から開始する必要があり

続きを読みます »

IT 部門は全く無用になってしまった

「無用」とは過酷な言葉だが、カリフォルニア大学のアーバインビジネス校のAcross and Senior Industry Fellow の最高経営責任者(CEO)Peter Hinssen氏は、現代のIT部門にはそれが適用すると考えている。さらに、Hinssen氏はビジネスコミュニティの多くの人々はCIOはお飾りに過ぎず、それ以外の何者でもないと見なしていることを示唆している。これは多くのIT部門がかつて持っていた力に欠如している理由を物語っているのかもしれない。要するに、Hinssen氏に

続きを読みます »

ビジネス上の知性と戦略的決断の間の切断

Kailash Awati氏はその投稿ブログで、現時点におけるビジネス·インテリジェンス(BI)は、戦略的意思決定を行うには不向きだと述べている。彼は、BIが未だに運用事項を測定して管理するための手段として厳密に使用されていると信じている。 BIとビッグデータと予測分析間には平行線が引かれていて、戦略的な意思決定を行うのに何ら提供することができないにも関わらず、運用の意思決定に向けてすべてがうまく行くようになっている。 従来から意思決定のプロセスは、使用可能なオプションを識別し、各オ

続きを読みます »

知識管理 101

知識について知るべき事があり過ぎるほど存在していることを知っていた者がいただろうか。Michael E. D. Koenig は、あらゆる角度から対象を捉えてその内外から対処し、知識管理 (KM)に関する情報の宝庫を一つの記事でまとめている。チャート、グラフ、参照も豊富で、それは今までのうち、1つのスペースにその被写体の最も包括的な外観を提供している。だから、鉛筆を削って新しい消しゴムを取って欲しい。授業は進行中なのである。 Koenig は、1994年の「知識管理とは、知識を捉え、分配し、効

続きを読みます »

ビジネスに自分の目を注ぎ続ける

米国務訂正省ともなれば、システムはできるだけ近代化されているだろうと期待することでしょう。残念ながら、このようなことはほとんどありません。マーク·ピーターソン氏の記事によると、部門内のシステムは、平均20年であったと最近の調査で示していたといいます。これは怠惰や知識の欠如とは何の関係もありません。ピーターソン氏は、ビジネス要件のない定義が存在しないため、そのような問題が発生した、と主張しています。 残念ながら、近代化計画フェーズ中にビジネスと技術的な要件定義の欠如を見続けています。顧

続きを読みます »

あなたの革新の問題は本当はリーダーシップの問題です

新しいアイデアが木に育つものではないように、立派な指導者についても同様の事が言えます。結局のところ、指導者がまだ種を蒔いていないために、組織が革新という果樹園を育てていないのかもしれません。ハーバード·ビジネス·レビューのスコット·アンソニー氏は、「革新の問題を抱えていると思っている会社には革新の問題はない。彼らにあるのは指導者の問題だ。」と語った元Procter & Gamble 社の上級管理者カール・ロン氏の言葉に触発されて、ブログにこの点について投稿

続きを読みます »